FC2ブログ

生活から恋愛などなど書き綴ったブログになります

ゲイのなわばり

  • 08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告


シリア情勢についてvol.2

ie.jpg
前回の続きで、息子バッシャール・アル=アサド現大統領がまともな人間って言っているにもかかわらず
なぜまだシリアは混乱しているのだろうか?って部分

息子は就任した直後は、普通な人間でした。
腐敗一掃キャンペーンをして賄賂を禁止しました。政治犯の釈放、反政府勢力への扱いも緩和していきます。

そしてインターネット使用も解放して、国営企業も民営化して、外資を呼び込む証券取引所なども作ります。

世間で言われている「ダマスカスの春」ですね。

彼は救世主になるのでは?と民主化への一歩を踏み出したのですが、

彼が就任した翌年、あの9.11世界同時多発テロが起こってしまいます。

その頃、世界の脅威となっていたのが、アルカイダとそして父親が弾圧を繰り返してきた「ムスリム同胞団」

イラクではフセイン政権が崩壊。



『つっつっつっ次はオレかも…。』


ヤツは恐れます。


民主化から一転、インターネットを規制し始め、以前の恐怖政治へと逆行しだしていきます。

でも一度民主化し始めたシリア、国民はまた逆行ってなぜ?もうイヤだ!となり。

チュニジア、エジプト、リビアと民主化の波は、シリアでもついに民主化デモが始まりました。


民衆は暴徒化し、政府系の建物などを壊し始め、火を放ち、膨れ上がっていきます。


皮肉にも、父親と同じで息子も弾圧でしか制圧できなくなってしまい。

元通りのシリアに戻ってしまったという国です。

どうなっていくのでしょうね。

とここで登場してくるのが国連なのです。

さー世界の仲裁役の国連。彼らはこの国を止められるのでしょうか?

次回へつづく…。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 勉強の為に、世界情勢や経済など
  2. / トラックバック:0
  3. / コメント:0

<<シリア情勢についてvol.3 | BLOG TOP | シリア情勢についてvol.1>>

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。